整形外科に行ってみました

2008/9/10 水曜日

もう15年以上前から50肩になり、その時からよくなったり悪くなったりの繰り返しである
当初1度だけ整形外科に行ったが、湿布もらって帰ってきただけで、事実上放置していた

仕事をやめてから、体を動かすことが減ってだいぶ悪化したようで
汗をかいて張り付いているシャツが脱げないし、机の下のものを取るときに激痛が走る

運転時に支障が出るような状態になって、やっと医者に行くことにした。
医者に肩に注射をうたれ、その後リハビリ室に行き電気治療と、遠赤照射の治療をした
はやっている医者らしく、数十人がリハビリしていた

元来極端な低血圧なので(昔は計測不能なときが多かった)
(人間じゃないとか、緑の血が流れてるとかよく言われた)
血行不良からくる肩こりや、足のむくみなどは日常的なものでどうしようもないと思っていた
おまけに人一倍体が硬く、スポーツには無縁だった
趣味がゲームにPCだから土建屋に勤めてなかったらメタボを併発していたろう

酒を飲むようになってからは血圧が少し上がって100を超えるようになり、人並みになった
(止めるとすぐ下がるのは経験済みです)

こんな状態だからマッサージや、貼り薬は気休め程度しか効かない。
だから今回も全く期待はしていなかった。

家に帰って、当初は注射の痛みが尾を引いていたが、引いていくと同時に
体が柔らかくなっていくのがはっきりと体感できた。
放置状態を久しぶりにデフラグした後のPCの動作ぐらいの体感でした。

やはり腐っても医者です。ありがとうございました

Filed under: 未分類 — test @ 14:26:39

コメントはまだありません »

  1. コメントはまだありません。
  2. この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

    You must be logged in to post a comment.